こころの病について【幸せを感じない状態が長く続くなら】

サイトメニュー

早めに病院を受診したい

診察

精神疾患の可能性がある

現代は男女共に、仕事や学業で忙しい人が増えていますが、健康な精神状態の時はレジャーや娯楽を楽しんだり、美味しい物を食べたり、友人と会話を楽しむことで、幸せを感じている人が多いです。職場や学校の人間関係が複雑だったり、大切な人やペットとの死別、離婚や引っ越しなどの変化があると、大きなストレスを受けるため、憂鬱な気分が長く続いたり、趣味や娯楽などを楽しめなくなり、幸せを感じない精神状態になることもあります。健康な人の場合は、2、3日で気分を切り替えることが出来ますが、うつ病や双極性障害などの精神疾患に罹ると、気分が落ち込んだり、活動量が低下したりして幸せを感じにくくなります。同居している家族に変化が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診させることが大事です。うつ病や双極性障害などの病気は、統合失調症とは違って、病識がある場合がほとんどです。本人が受診を嫌がる場合でも、早期に治療を受けさせることで、回復を速めることが出来ます。職場や学校、家庭などでストレスを感じている場合は、カウンセリングなどの精神療法を受けることで、病気の原因を知ることが出来ます。一人一人の症状の重さには違いがあるので、医師が診察をしてから薬を処方してくれます。幸せを感じないと感じる時は、家族に話を聞いてもらうことも大事です。うつ病や統合失調症、双極性障害などの精神疾患に罹っていると、気力や意欲が減退したり、不眠や食欲不振などが原因で、倦怠感や疲労なども感じやすいため、好きなことをしたり、友人と会っていても幸せを感じなくない状態になります。友人と話をしたり、会ったりするのが苦痛になり、家の閉じこもりがちになります。幸せを感じない精神状態になっている場合は、早めに病院やクリニックを受診することが大事です。地元で評判の高い病院やクリニックを選ぶと、親切で丁寧な応対の医療スタッフが在籍をしているので、安心して治療が受けられる環境が整っています。うつ病や双極性障害などの病気には、抗うつ剤や気分安定薬、睡眠導入剤などは大変有効なので、しばらくは根気よく続けることが大事です。精神疾患は再発しやすい病気なので、症状が改善してきても、自己判断で中断をしたり、減薬をしたりするのは避けることが大事です。症状が改善してくると、薬を減らしてもらったり、変えてもらったりすることも出来ます。幸せを感じない精神状態になったら、精神疾患の可能性があります。基本的には外来による治療が中心になるため、症状が軽い場合は、学業や仕事を続けながら通院ができます。病気が回復してくると、趣味や娯楽も楽しめるようになります。

Copyright© 2019 こころの病について【幸せを感じない状態が長く続くなら】 All Rights Reserved.